スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんとは

PET検査はがん検査にとても有効な検査なのですが、ところでがんとは一体どのようなことが原因でなるのでしょうか。案外知られていない、がんの特徴について書きたいと思います。
がんは遺伝子の病気です。私たち人間の身体は約60兆個もの細胞で構成され、常に適度な数を保つよう遺伝子によってコントロールされています。
しかし遺伝子が突然何らかの原因で異常をきたし、増殖を無秩序に続ける細胞が現れます。これが「がん細胞」です。
成長した「がん細胞」は正常細胞が必要とする栄養分まで摂取し、身体を衰弱させます。ジワジワと次第に周囲の細胞に浸潤し、やがては血管やリンパ管から全身へ転移し、最後には人間を死に導きます。PET検査などによる早期発見と的確な治療が、がん克服の大きな鍵となります。
がんの怖いところは初期段階において自覚症状が現れにくいところです。がん化した細胞はゆっくりと10年から20年かけて成長し、目に見える大きさになるまでに長い年月を要します。生存率はがんの進行具合によって変わってきます。自覚症状が現れた時点では手遅れということががんの場合よくあります。そのため早期発見のタイミングががんの治癒率に大きく影響します。
PET検査はこうしたがんの早期発見にとても役立ち、成果を上げられる方法なのです。
スポンサーサイト

«PET検査でがんの転移・再発発見 | トップへ戻る |  がんを防ぐための12ヵ条»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。