スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PET検査でがんの早期発見

PET検査はがんの早期発見や診断に威力を発揮しますが、全てのがんに有効なわけではなく、がん発見に万能な検査とは決して言えません。
またマスメディアの一部などで「数ミリのがんも発見できる」といった表現を時折見かけることがありますが正しくないです。
PET検査が得意とするがんは、大腸がん、卵巣がん、子宮体がん、肺がん、乳がん、頭頚部がん、膵がん、悪性リンパ腫、悪性黒色腫などです。
そしてPET検査が苦手とするがんは、胃がん、前立腺がん、肝がん、腎がん、膀胱がん、子宮頸がんなどです。
PET検査は尿経路の臓器のがんを苦手とします。
使用するFDGが尿中に排出されてしまうため、薬剤がどうしても膀胱や腎臓、尿管などには集まってしまい、その付近のがんは見落としてしまうことがあります。
また胃がんや原発性の肝がんなどもPET検査の苦手な部位です。さらに良性腫瘍や炎症を起こしている部位などを、がんとして捉えてしまう可能性もあります。
PET検査では、糖尿病の患者さんなどは薬剤の集積は血糖値に大きく影響されるので、診断に注意が必要です。
CTやMRIなどその他の画像診断や内視鏡検査などをPET検査が苦手とする部位に組み合わせると効果的です。
たしかにPET検査は万能ではありません。しかし得意、不得意をきちんと認識してCTやMRIなどと連動して検査をすることで精度の高い検査結果を得ることができるのです。
スポンサーサイト

«PET検査のメリット | トップへ戻る |  PET検査でがんの転移・再発発見»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。