スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PET検査のメリット

PET検査は万能では決してありません。PET検査もがんを見逃してしまうことがないわけではありません。
PET検査は他のCTやMRIといった形態画像診断に比べてがんを見つける確率は高いといわれています。PET検査で異常が見つかったときは、より詳細な検査に進んで組織を採取しての診断などを行います。
PET検査を行った後で、もっと詳細な検査をわざわざ行う理由は、炎症や良性腫瘍など、がん以外のものもPET検査が検出してしまう可能性があるからです。
PET検査で異常が見つかっても精密な検査を行わず、がんでないのにがんと診断してそのまま治療を行ってしまうと、患者にさらにリスクの高い治療を強いてしまうことになります。
PET検査を最初に行うことで、患者の肉体的かつ経済的な負担を軽減できるところにPET検査のメリットはあります。
かなり高い精度で腫瘍の良性か悪性かの診断ができるようになったため、陰性の場合はよほどのことがない限りそこで検査は終了します。
患者にとってPET検査は、精度の高い検査を最初にすることで他の検査を何度もする必要がなくなり肉体的負担が減ります。また不必要な検査を減らすことも同時にできます。
PET検査をおこなうメリットはこのように限りなく大きいのです。
スポンサーサイト

«PET検査の仕組みとCT、MRIとの違い | トップへ戻る |  PET検査でがんの早期発見»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。