スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PET検査の仕組みとCT、MRIとの違い

PET検査はCTやMRIと比べられたりしますが少し違います。
CTは体の外側からX線を照射して断層像を撮影する検査で、MRIは磁気を利用して体の断層を撮影する検査です。それではPET検査が一体どんな仕組みになっているのかを説明します。
PET検査は被検者に陽電子を放出する放射性同位元素で標識された薬剤を投与し、その分布をPETカメラで撮影することで脳や心臓など臓器の局所機能を画像に描出し、病気を診断するコンピューター断層撮影技術です。
PET検査先進国であるアメリカには「PET First」という言葉まであり、PET検査はがん診断のファースト・ステップとして位置づけられています。
CTやMRIなどでがんの疑いが判明した際、腫瘍の良性・悪性の鑑別がそれだけでは困難なために、従来は内視鏡検査や試験開腹といった検査が行われてきました。しかし、こうした方法では患者の肉体的負担や経済的負担が大きく、それらの負担をいかにして無くすかが課題となっていました。
PET検査は腫瘍が良性であるか悪性であるかの鑑別を得意としています。そのPET検査が登場してからは、PET検査をまず行い、異常がある場合は次の検査へと進んで、PET検査で異常が見られないなら検査をストップまたは経過観察するという患者の負担が少ない流れができあがりました。
スポンサーサイト

«PET検査とは | トップへ戻る |  PET検査のメリット»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。