スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PET検査とは

PET検査とは、「ポジトロン断層撮影法」のことで、X線CTみたいな装置で、心臓や脳などの働きを断層画像として捉え、病状や病気の原因を的確に診断する新しい検査法です。PET検査の普及によっていろいろな病態の診断に役立つようになりました。
PET検査では、ポジトロンを放出する薬を、静脈から注射したり、呼吸により体の中に吸入してもらいます。体の中を薬が移動して、心臓や脳など身体のさまざまなところに集まる様子を、身体の外側から「PET装置」で撮影します。
検査の目的に合わせて薬を選択することにより、脳や心臓、がんなどの診断が可能なのです。
PET検査をすることによりいろいろな病態が分かります。
例えばがんの場合ですと、たいていのがんの診療に有効です。肺癌や大腸癌、膵癌、食道癌などの消化器系の癌、子宮癌、卵巣がんなどの婦人科系のがんや甲状腺癌、乳がん、骨腫瘍や悪性リンパ腫、悪性黒色腫などの診断にも役立ちます。
がんの転移をみつけるのにもPET検査はとても役に立ちます。
がんは転移のあるなしによって治療法が変わってきます。そのためPET検査は非常に有効です。がんの転移は以前の検査では分かりにくかったのですが、PET検査によって早期に発見することが出来るようになってきています。
スポンサーサイト

« | トップへ戻る |  PET検査の仕組みとCT、MRIとの違い»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。