名称未設定_1の記事一覧

スポンサーサイト

PET検査とは

PET検査とは、「ポジトロン断層撮影法」のことで、X線CTみたいな装置で、心臓や脳などの働きを断層画像として捉え、病状や病気の原因を的確に診断する新しい検査法です。PET検査の普及によっていろいろな病態の診断に役立つようになりました。PET検査では、ポジトロンを放出する薬を、静脈から注射したり、呼吸により体の中に吸入してもらいます。体の中を薬が移動して、心臓や脳など身体のさまざまなところに集まる様...

PET検査のメリット

PET検査は万能では決してありません。PET検査もがんを見逃してしまうことがないわけではありません。PET検査は他のCTやMRIといった形態画像診断に比べてがんを見つける確率は高いといわれています。PET検査で異常が見つかったときは、より詳細な検査に進んで組織を採取しての診断などを行います。PET検査を行った後で、もっと詳細な検査をわざわざ行う理由は、炎症や良性腫瘍など、がん以外のものもPET検査...

PET検査でがんの早期発見

PET検査はがんの早期発見や診断に威力を発揮しますが、全てのがんに有効なわけではなく、がん発見に万能な検査とは決して言えません。またマスメディアの一部などで「数ミリのがんも発見できる」といった表現を時折見かけることがありますが正しくないです。PET検査が得意とするがんは、大腸がん、卵巣がん、子宮体がん、肺がん、乳がん、頭頚部がん、膵がん、悪性リンパ腫、悪性黒色腫などです。そしてPET検査が苦手とす...

PET検査でがんの転移・再発発見

PET検査はがんの転移や再発の検査に対しても活用されています。再発がんは一般的により多くのブドウ糖を摂取するため、PET検査は再発がんの早期発見に絶大な効力を発揮します。PET検査は一度に全身を検査できますから、予期せぬ部位に転移したがんの発見にもとても役立ちます。何故かというと転移したがんがどの臓器に出現するか予測するのは困難だからです。PET検査の導入のおかげでがんの転移や再発の早期発見など、...

«前のページへ | トップへ戻る |  次のページへ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。